ビットコイン

Coincheckの教訓に学ぼう(仮想通貨トレーダーがすべき対策)

こんにちは!ジャッカルです。

Coincheckコインチェック仮想通貨「NEM(ネム)」流出事件

不正アクセスにより約580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出したCoincheckコインチェック社は記憶に新しいですが、
結局日本円の引き出しはできるようになり、NEMの補償もされ、ほっと胸をなでおろした方も多いのではないでしょうか。

とはいえ、いつ引き出しできるか、そもそももう手元に戻ってこないのではないかなど正直、流出当初は全く先が見えない状態になっていました。

そしてこの流出問題は今後も全然起こり得るということです。

すべてをコールドウォレットで保管することなど取引所の性質上無理で(当たり前ですが)、その時点で流出の可能性というのはゼロではありません。

もちろんコインチェックにも落ち度はありましたが(横着してマルチシグを使っていなかったなど)・・・

仮想通貨トレーダーとしてこの事件を教訓に今後どう対策すべきか?

さて、とはいえ仮想通貨のブロックチェーン技術自体は今後も需要がありそうで証券会社を通した上場IPOではなくICOを選択する企業が出てくるのも間違いなさそうです。

そのためこれからも仮想通貨を投機目的、あるいはリスク分散の意味でポートフォリオに組み入れたいという方もまだまだ多いと思います。

長期保有ならハードウォレットは使うべき

長期保有目的、あるいは残念ながら塩漬け状態になってしまっている方も流出リスクを限りなく0にするにはハードウォレットを使うのが間違いないでしょう。

初期設定をしっかり行えるLedger NanoS がいいなと個人的に思います。

新品を買ったから安心・・・、と思っていたら実は中古で仮想通貨の盗難に遭うなんてことも起こりません。

これは言わずもがななのですがメルカリとかamazonのマーケットプレイス等で買うのはやめましょう。

利用している取引所の送金手段を把握しておく

実は流出騒動が起きていた時、ある決済手段を使えば出金できる状態になっていました。

その方法というのはCoincheck Paymentというサービス(現在は新規登録を制限しているようです)で、出金停止後も一定時間これを使えば送金できるようになっていました。

このように、利用している取引所の送金手段について詳しく把握しておけば、こういう万が一の際に引き出せる可能性は高いです。