Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/makito0420/fxbroadcasting.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/makito0420/fxbroadcasting.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/makito0420/fxbroadcasting.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/makito0420/fxbroadcasting.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284
指標

オシレーター系指標とは?簡単に解説してみる

オシレーター系指標とは?

FXや株等の指標について調べだすとオシレーターという言葉が出てきますよね。

これは「振り子」と言う意味です。

確かにチャートを見ると振り子のようによく上下に一定範囲で行ったり来たりしてますよね。

オシレータ指標はこの上下の振れ具合を測り、上がりすぎ、下がりすぎを判断する指標なんです。

オシレータ系指標にはどんなものがあるか

代表的なものを表にまとめました。

MACD 2本の移動平均を使用して算出。売買のシグナルとして使用される
RSI 相場の強弱を見る。一般的に75%以上で上がりすぎ、25%以下で下がりすぎと解釈される
RCI 売買のタイミングをとらえるのに使われる。日柄を重要視する。
ストキャスティクス 高値・安値・終値を使用してN日間における高値・安値に対して、そのときの終値がどの位置にあるかをみる。20〜30が下がりすぎ、70〜80が上がりすぎ
DMI 前日から当日にかけての高値の上げ幅と安値の下げ幅を実質的な変動幅で割ったもの。プラスが続けば上昇相場、マイナスが続くと下落相場と考える。
モメンタム 価格の変化率をみる。N日前の価格を今日の価格で割ると変化率が算出される。0に近いとほとんど動いていないので保ち合いの状態にあるといえる
ADX トレンドの強弱を見る指標
ROC 変化率。N日前から当日までの価格の変化率を表す。
ボリンジャーバンド ばらつきを見る。保ち合い相場では売買の判断がしやすい。